lacquer&C / Indigo 5poc Jeans

Posted 2月 13日, 2012 in lacquer&C., Pick Up Item and tagged

明日は、待ちに待った…?バレンタインデーです。春を感じさせる行事が増えてきますが、今年は、ことのほか寒さが厳しく梅の開花も遅れているようですね。外に出る時は、コートに、スカーフ、手袋とまだまだ真冬の出で立ちですが、でも何となくどこかに春らしい色の物を使い始めています。
一年前くらいに読んだ新聞のある記事を、ふっと思い出しました。「和にかわ」日本画等の文化財の修復に欠かせない自然素材の接着剤ですが、唯一の生産者が止めてしまうとの事で、どう保護をして、技術の継承は出来ないか?との内容だったと思います。今の工業生産品の接着剤は、安価で簡単に取りあえず早くきれいに仕上がるようですが、月日が経つにつれ、固くなり過ぎて割れたり変色したりするそうです。その点、「和にかわ」は、薬品等を入れず手仕事で作ってあり、使いづらく乾きも遅いですが、その微妙な柔らかさがやさしく保護保存をして素材を傷めないようです。
この事は、何だか今の洋服にも同じ事が言えるように思います。何百、何千着と同じ物を大量に作る工業生産品と、一着一着時間を掛けて人が作った品物は、ぱっと見は同じに見えますが、時間が経つと全く違う事が分かります。
このラクアー&シーのデニムも同じで、使い込んで洗う事で良い雰囲気が出て来て体に合い穿き易くなってきます。画像のジーンズは左が6年位穿いた自分の物で、右が新品の状態です。本当に穿き易く凄く気に入っています。
最初に加工したり変に味付けをしていなく、型も普通なので、洗い方、履き方等で色んな顔が出て来るので、愛着も湧き大切にします。残念な事に、このジーンズも「和にかわ」同様に安価な大量生産品に押され、今は生産が出来ない状況になっています。在庫の方も残りわずかです。でも、まだ未定ですが、再び生産出来るような事を聞いています。その時はもう一本買おっと!
Made in Japan

遠方にお住まいの方で、商品をお取り寄せしたい場合はこちらへご連絡ください。
※人気の商品は売り切れてしまう場合がございますのでご了承ください。