lacquer&C / Chino Cloth Army Pants

Posted 9月 17日, 2020 in lacquer&C., Pick Up Item and tagged

あっと言う間に9月も中を過ぎ、暦の上でも、もう直ぐ昼夜の長さが同じになる日秋分ですね。日が短くなり秋の夜長に向かいますね。食材等も秋らしい物が増えて来ましたね。食欲の秋、美味しい物が多くなり楽しみです。
でも最近のTV等の飲食店の紹介やグルメ情報を観ていると、えっ!て思うメニューが多く・・・予約が中々取れない高級店の紹介で拘りのタルタルステーキの上にウニを乗せその上にイクラにキャビアを乗せてオレンジソースを掛ける贅沢な料理や、他にも拘りの手打ち蕎麦の上にトリュフを掛けトリュフの入った付け汁で頂く、やたらと高級食材を合わせれば良いと思われる自分的には理解出来ないおかしな料理の紹介が多く取り上げられていて残念に観ています。見栄えや豪華さを売りにしているだけで話題になっているようにしか思えません。良い素材ならその物の味をシンプルに堪能したいです。立ち飲みの飲み屋でも高級店の取材でもTシャツ姿のタレントさん達も理解に苦しみます。高級店に入るならせめてジャケットを羽織るべきだと思います。古い考えかもしれませんがそのお店に馴染む佇まいも大切です。
今の世の中、分からずも話題になっている物を食したり買ったりする事でグルメでお洒落と思っている方達が多いようです。「衣食住」良い物を重ねて行くのではなく主になる物を引き立たせる落としどころが大切だと思います。足し算より引き算の美学です。
愚痴が長くなりましたが、今回はチノパンツの紹介です。ドレスパンツを作っている職人さんに無理を言ってアーミーパンツ風にしてもらっています。ドレスでも使えるようなコットン生地「チノクロス」を使い、サイドや全体に少し荒めのステッチを掛けベルトループも大きくし、穿き込みも深くシルエットも全体に太めに仕上げてあります。フレンチアーミー風な雰囲気です。今からの季節、洗いざらしのバスクシャツやドレスシャツに合わせると素敵です。

遠方にお住まいの方で、商品をお取り寄せしたい場合はこちらへご連絡ください。
※人気の商品は売り切れてしまう場合がございますのでご了承ください。